美容室の店舗設計、照明の選び方

2020年5月18日

美容院の照明設計は、 お店の雰囲気づくり・ブランディングに 非常に重要です。 そしてそれだけでなく、 スタッフの働き心地にも影響を与えます。 今回は美容室店舗の照明の考え方について解説していきたいと思います。


ロベイション公式LINEアカウントに登録で、「店舗独立で失敗しないためのノウハウ」全7回の無料セミナーをプレゼント

また、受講特典として店舗開業に役立つオリジナル資料も無料でプレゼント。

今すぐに登録ください♪

 

 

2種類の照明器具

 

美容室で使われている照明器具は大きく分けて二つあります。

 

まず一つ目はスポットライトです。

スポットライトは光の広がる角度が狭いのでお店全体が若干暗くなりやすいです。

天井が低い店舗で使うとなおさら暗いお店になってしまうので注意しましょう。

 

 

2つ目はダウンライトになります。

ダウンライトの場合は光の広がる角度が狭い物から広い物まで種類が豊富です。

その為、お店の空間を明るく見せやすくなります。

 

さらに照明器具の中でも色温度と呼ばれる色の違いがあり、暖かい色の暖色と呼ばれるものと冷たく感じるような光の2種類があります。

色温度は電球の種類でかわる物です。

一つの器具に対して3〜4種類ほどの色温度の器具が揃っています。 

 

照明器具の使い分け

 

顔を照らす照明器具はできるだけ暖色、暖かく感じる色味の照明器具を使うように設定しましょう。

頭の上を照らす照明器具はカラー剤などの色のチェックで支障がない白い色で「演色評価数」と呼べれている数値が高い器具を使いましょう。

 

また、近年ではトイレやシャンプースペースを暗く演出するところがあります。

 

ただし、シャンプースペースを暗くするときは、シャンプー台のボールの位置でだいたい100ルクス以上確保できる様にしましょう。

保健所の検査の方がチェックを行いますのでこの様な事も注意が必要です。

 

基本的に調光器と呼ばれる機材を使って明るくしたり暗くしたりできますので調光機を店内に取り入れてもらうようにお願いすれば色々な場面で対応できます。

 

 

店舗の開業をお考えなら

 

店舗を開業したいと思った時g、そのデザインをどうするか、工事をどうするか、そして資金をどうするか、色々な悩み知りたいことがあると思います。

 

その様な方のために知識や事例をご紹介するために、動画も作りました。

 

私は店舗デザイナーですが、設計デザインだけでなくチームとして、物件探しのプロ。事業計画のプロ、資金計画のプロも一緒に動いており、ワンストップでお手伝いさせて頂いております。ご興味ありましたら、是非お問合せください

美容室の出店や内装デザインについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

https://美容室内装デザイン.com

ロベイション公式LINEアカウントに登録で、「店舗独立で失敗しないためのノウハウ」全7回の無料セミナーをプレゼント

また、受講特典として店舗開業に役立つオリジナル資料も無料でプレゼント。

今すぐに登録ください♪

 

小規模店舗専門の店舗設計・デザインなら株式会社ロヴェイション お問い合わせいただくと、 店舗開業に役立つオリジナル資料 を無料プレゼント 今すぐお問い合わせください

Lovationブログ

最新記事

カテゴリー

インスタグラムはこちら
FaceBookでここだけ情報配信します
Pinterest でフォローしてください
ブログ

会社情報

電話番号

03-6426-8549

所在地

〒142-0051

品川区西五反田1-24-4 1112号

JR五反田駅から徒歩5分。


© 2020 株式会社 ロヴェイション All rights reserved.